読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ha1ri’s diary

云いたかったこと、云えなかったこと

君の隣で泣きたくなった

初めて二人での遊びに誘われていってきた。
君の地元に連れてってもらえるのが嬉しかった。
相変わらずはなすのは君の興味のあることだけど、それをうんうんってきくのが好きなの。
でね、ちょいちょい最近の出来事とかね話すんだけど、そしたら彼女のこと聞きたくなっちゃって、口にしたら泣きそうだから結局聞けなくて。ちょいちょい、落ち込むんだよな。
君が安くて美味しいっていった丼屋さんは閉まっててラーメン食べたのね。この前もラーメン食べたなって笑笑。で、ゲーセンで遊ぶんだけど二人で座ってメダルゲームしてるのね。そういうカップルが店内にいてね、一瞬でもいいから周りにもそういう風に見えてたらいいなっていうね。
楽しい気持ちに終わりはやっぱりあって、彼女とlineしてるんだろうなっていう瞬間があって、帰りは泣きたくなっちゃった。
スマホはしまってじっくり二人で話したいよ。
「今もなおあなたとの幸いを夢見てるのです」ってドラマのセリフが辛い。この両目があなたをとらえてしまった。そしてもう、離れられない。
あなたの幸せを願うばかりだけどでも自分の幸せも願いたいよ。
二人は悲しいほどにバラバラでちぐはぐですね。
ねー、好きなんだよ。今もまだ好きなんだよ。
いつかやめれると思った、疲れて、無理だってバッサリ諦められる日が来ると思った。
こんなにも人生が重ならないのが悔しい。同じ高校で同じ部活でせめてスタートラインが一緒がよかった。
もう、あなたのように好きになる人はいないという思い込み。
好きだよ、と、口に出してしまえれば、叫べれば私の心は回復するでしょうか。

見えてなかったんだなぁって

一昨日のご褒美タイムにすごく冷静だった。
会うまではすごく好きでどうしようもないのに、会ったら「ああ、これで手放せるな」って思った。
会話なんてちゃんとできないけど、あなたの話を聞くのが好きで。どこが好きとか別に100個いえないし。
今まで、一緒にいれるのが嬉しいとか話しかけてくれるのが嬉しいとか、あなたのことちゃんと見えてなかったなってね、気づいてしまった。あ、だから、ダメなんだって、今までもずっとそうなんだなって思ってしまった。
じゃあ、ちゃんと見るってなんだろうってなってくるんだけど、ちゃんと見てたら恋愛できない気はしちゃうよね。
私、ちゃんと恋愛できるとき来るのかな。

君の街を

君の街を爆破したいよ、嘘です。
選ばれないポイントでいっぱいになったらどうなるんだろう。
もう、大分ためたと思うんだけどな、ゴールドチケットにはまだなってくれないんだ。
勝手に好きになって勝手に幸せと絶望受け取ってるからこんなことなるんだ。
あのこにもあのこにも、あああああああああああ
君の街にはなにがある?
君の家、あの新しいショッピングモール、君の好きな人。
おそろいの指輪、おそろいのネックレス、おそろいのおそろいのおそろいのおそろいの、おそろいの名前にもなっちゃうんでしょ。
好きなとこも嫌いなとこもいえちゃうんでしょ。

いつだって今だけ

ここではないどこかに行きたい。
いつだって今が全てだ。最低で最高だって信じている。現状に苛立ちながらそれでもやっぱり愛しい。
過去を振り替えって後悔はするけれど戻ったところで同じことを繰り返すのだ。 ひたすら思う方に行くしかない。

大切にしたかったもの

「あいつの大事にしたかったものをお前は大事にしなかった」
私に言われたわけじゃないけど、この言葉がすごい突き刺さる。
そうなのです、大事にしたかったものを確かにあなたは大事にしてなかったよね。
それを、しょうがないですませるのは違う気がするよ。
なんで、なに一つ伝わってないんだろう。
同じ間違いをずっとしてるんだよ。
それでもあなたは幸せそうですね。
マイペース突き通してるから最強なのかな。
ズルいよね

わかってよ

なんてって言わないで。
私の1年間否定された気分だ。
誰もやる人いなかったじゃんね、私は私の大切なもの守りたかった。そつなくこなせてはないよ、でもさ、なんてなんて言わないでよ。
私が毎回どんな気持ちかわからないでしょ、全部言い訳だっていうんでしょ。
誰にも選ばれなかった1年が、自分でも否定したくなるの。なんで、あのこはとかもう嫌だ。

心が狭いんだ

君の大事な時を全部あの娘は支えてきたんでしょ。だから勝てない。辛かったこととかそんなの知らないから。今だってきっと君はあの娘の存在に支えられてるんだ。
幸せになってね。
嘘だよ幸せなんかにならないで。